占い師も予測できない婚活時代

占い師も予測できない婚活時代

占い師が将来予測をする時に大切な要素として生年月日が重要な将来予測の基本になるそうです。
男女が結婚して子どもが誕生して初めて子どもの成長に従った人生が始まります。

 

男女が交わることで妊娠して予定日になって無事に出産した時から生まれた子どもの人生が始まります。

 

その意味においては出産の原因となる男女の性的な交わりが人々の人生の根本になるのです。
昔は現代のようなシングルマザーは考えにくかった時代ですから、子どもが生まれるということは男女が結婚することが前提でした。

 

 

 

ですから男女のお見合いや結婚式というものには新しい命の根本という考えかたが有りましたので結婚は人生で最も重要な意味合いが有ったのです。

 

しかし、現代では出産が必ずしも結婚が原因になるとは限りませんし、結婚しても簡単に離婚してシングルマザーやシングルファーザーになる人がいます。

 

 

 

このような時代では昔のような古い形式のお見合いは余り歓迎されませんので、シングルの男女は婚活パーティーやお見合いパーティーに出席して数多くの異性の中から相手を選ぼうとします。

 

このような時代においては占い師の方も古い形では対応出来ませんので、昔のような「運命の赤い糸」のような表現では婚活パーティーやお見合いパーティーでの相手の選び方には通用しませんし選ぶ基準も占い的に説明ができません。

 

 

 

運命の赤い糸も昔のように両親や世話好きの仲人のような周囲のお世話を待っているだけの時代では有りません。

 

自分から積極的に自己アピールをして運命を自ら切り開いてゆくことが重要な時代かもしれません。