運命の「赤い糸」

運命の「赤い糸」

日本には古くから男女の出会いは「赤い糸」という神様が決めて下さっている運命が有るという考えかたが強く残っています。

 

このような運命論はあらゆる宗教を支えている哲学にもなっていますし、結婚に対する判断の基本にもなっているかもしれません。

 

実際にそのような運命が備わっているかは誰も本当のところは分かりませんが、現代でも「赤い糸」の存在を信じている方は多くいます。

 

 

 

昔なら接和好きな方たちが写真を持ちまわってお見合いの相手を探しましたが、現代社会ではインターネットを初めとして合コンや婚活といった様々な出会いの場が準備されています。

 

このような出会いの場の中に運命の「赤い糸」が?がっている相手がいるかどうかが問題です。

 

 

 

世界中に何十億人という適齢期の男女が存在しておりますが、結婚して子どもも出来て生涯を共に出来る運命を球友できる「赤い糸」で?がっている相手は一人だけかもしれません。
もしかして過去に出会っている人の中に「赤い糸」の相手がいたかもしれませんが、この「赤い糸」は必ずしもお互いに引き寄せられることが無く切れてしますことも有るようです。
「赤い糸」には運命的に強い丈夫な糸が有って絶対に切れないで時間がかかっても結ばれる糸もありますし、簡単に切れてします糸もあるようです。

 

 

 

また、一見「赤い糸」と思って結婚しても本物の糸ではなかったという事もあるようです。

 

中には切れやすい弱い糸でも2人で運命を大切にして一生にわたって切れない意図になることもあります。